◆アンケート集計結果

<アンケートにご協力いただいた方の年齢&性別>

アンケート対象の年齢、性別
アンケート対象の年齢、性別

9月1.2日開催のふくい2011元気フェア会場でのアンケートでは、

男性40名、女性16名の方に、

10月20日開催のしんきんビジネスフェア2011会場でのアンケートでは、

男性35名、女性14名に、

 

トータルで、男性75名、女性30名、合計105名の方々にご協力いただけました。

県別では、前回はほぼ福井県の、今回はほぼ3県同数の方々のデータとなります。

 

今後も展示会でさらに情報収集に努め、母数を大きくして信憑性のあるデータにしてゆきたいと存じます。

<Q木樽を見たことがありますか、それはどこで?>

木樽の認知度
木樽の認知度

85%の方が木樽をどこかでご覧になっている結果となりました。前回はほとんど福井県内の方々で86%でしたが、北陸3県に範囲が広がってもほぼ同様の結果となりました。

どこでご覧になったかは、複数回答で

  • 小浜市・敦賀市など福井県内
  • 金沢市内など石川県内
  • イベント会場(物産展やお祭会場)
  • 土産物屋・インターチェンジ
  • 百貨店・スーパー
  • 家(引き出物・お土産・贈答品)
  • 駅 
  • 神社
  • 酒屋・ワイナリー などがありました。

当地若狭小浜では、結婚式の引き出物にお使いいただけることがあります。

<Q.木樽には何がはいっていましたか?(複数回答)>

木樽に入っていたもの
木樽に入っていたもの
  1.  小鯛のささ漬け(北陸3県でも、ささ漬けの知名度は高いようです。
  2. 味噌(贈答用の味噌樽の他に、ご家庭に味噌樽がおありなのでしょうね。)
  3. 寿司(ますの寿司をみなさん思い描いていらっしゃるのでしょうか。実はあれは樽でなくわっぱにはいっています。それとも、寿司半保のことでしょうか。当社からは、福井市越廼にへしこ寿司用に出荷しています。)
  4. 梅干福井県若狭町や紀州の高級梅干は贈答にも使われています。味噌と同様漬け樽でしょうか。)
  5. 酒・ワイン(今でも祝い事・神事・選挙に酒樽はつきものです。それとワインも樽にはいってますよね。)
  6. 漬物京都の千枚漬けはあまりにも有名です。)
  7. らっきょう福井県三国の高級らっきょうも贈答にお使いいただいています。)
  8. 魚の粕漬け・味噌漬け(高級魚がさらに高級贈答品へ変身します。)
  9. その他、塩辛(当社からは函館へイカの塩辛の贈答用樽の出荷があります。)佃煮(昨年、小田原へあわびの佃煮用の出荷が始まりました。) わさび漬け(H23夏連ドラ影響で出荷がのびました。)明太子・米など

<Q.贈答用・お土産用に木樽に入った商品とプラスチックに入った商品が並べてある場合、どちらをおえらびになりますか?>

木樽とプラ樽
木樽とプラ樽

ありがたいことに約83%の方が木樽をお選びになるとのご回答でした。

 

プラスチックの方は5%未満、相手によって変えるという方もいらっしゃいました。

 

また、男性の方が木樽支持が多く96%(女性70%)、財布を握る女性の方が「値段をみて」または「結局中身だから」と、現実的に安価なプラスチック樽入り商品をお選びになる傾向があるようです。 

 

 

ただし、受け取る側は男性が多いか、女性が多いか。

やはり受け手は、贈答品の場合、男性が多いのではないでしょうか。

次の質問の回答をご覧下さい。

<Q.どなたかから木樽に入った商品をもらった場合、どんな印象をもたれますか?>

木樽の印象
木樽の印象
  1. 高価そう(やはり、そうですか。)
  2. 温かい・丁寧な送り主の思いを感じる(嬉しいですね。中には贈答品なら木樽が当然!と書いてくださった方もいらっしゃいました!先日の展示会では「高価」よりこちらのお声が多くきかれました。)
  3. 美味しそう(木目はやさしく商品をつつんで演出します。)
  4. もったいない(そう思われないよう考えてゆきます。)
  5. 伝統的だ(木樽で伝統的な味を守っている老舗は木樽にこだわりを持っているところが多いように思います。木樽は、お客様までその伝統を演出してくれます。)
  6. 新鮮そう・素材が良さそう(緑のタガは新鮮そう映るかと思います。逆に茶タガは熟成を演出します。黒タガもありますが、食品用に出荷の実績はありません。)
  7. 造り手の意気込みが感じられる。(グラフにはみえませんが、嬉しいご感想でした。)
  8. その他(「中身によって印象が変わる。中身が木樽にふさわしいものでなくてはならない。」というご意見です。 既存の取引先のお客様の中でも、特にこだわりの一品に木樽をお使いいただいています。) 

 

木樽に入った商品は、受けた側は、かなり好印象を持っていただけることがわかりました。

「もったいない」と思われないようにいろいろなリユース法を発信します。詳しい内容はこちら

Q.次の器の中で環境に最も優しいものは何だと思われますか。 (木樽 ガラス瓶 プラ 紙 )

環境にやさしい容器
環境にやさしい容器
  1. 木樽(国産杉を多用する当社の樽は運搬・製造・廃棄に至るまでの過程で環境負荷が断然軽いのです。燃やしても杉部分はもちろんCo2カウントされません。タガ部分についても、環境にやさしい素材を模索中です。)
  2. ガラス瓶(材料は海外依存度が高く、製造過程で1500度で溶解して製造します。リサイクルも同様、細かく粉砕して再溶解して使用します。)
  3. プラスチック(材料は100%海外に依存、リサイクルにもかなりの熱量を消費します。)
  4. 紙(材料のパルプは海外に依存。廃棄は簡単ですが、リサイクルにはコストがかかります。)

 

環境にやさしい容器としての木樽のアピールを今後も積極的に発信してゆきます。

ご期待下さい。

*本体の組み立ては昔も今も手仕事です*

当社のニュースをお伝えします
当社のニュースをお伝えします

最新&注目ニュース

石井味噌さま敬老の日限定ギフト(9/5)

旅サラダで笹漬けが(7/29)

ドモドモの遠田先生に学ぶ(6/25)

ANA福井特集(6/15)

お雛様用豪華ちらし(3/1)

小鯛の笹漬けが一番美味しい時期(1/13)

銀座・白坂ママお墨付き福井の梅干(1/12)

野村鮮魚店様の笹漬け(12/28)

油与商店さま茎わかめの浅漬け(11/6)

旭製菓様樽入りかりんとう(10/27)

チャンネルO企画番組(9/17)

笹漬けレシピ手毬寿司(9/7)

お供え用桶と初午飾り(8/17)

茶道灰を木桶を使って(8/15)

坂田先生食レポ研修(7/26)

石川ブランド認定、油与商店さまの石川海鮮ぬか漬け(7/17)

はるみちゃんささ漬け体験~田中平助商店様(7/13)

二幸さまお魚の粕漬け(7/2)

甲府のご馳走鮑貝煮(6/30)

福梅さま紅映梅干し(6/19)

みのや吉兵衛様山葵漬(6/18)

WIN!WIN!WIN!(6/14)

油与商店様海鮮ぬか漬け(6/7)

村上元市長御用達(5/30)

竹タガ手桶とお人形(5/23)

小山農園さまの梅干し(2/23)

職人と店主の竹タガ桶(2/4)

吉田家風小鯛のささ漬け丼(1/18)

中川政七商店さまの門松(1/14)

新幹線開通前を感じる(11/26)

広島菜漬、猫島商店様(8/14)

杉桶入り金魚(7/17)

若狭ぐじ昆布〆・天たつ様(6/24)

鯖街道・田村長さま(5/10)

小田島水産食品さま・イカ塩辛(5/7)

鮑屋さま・鮑貝煮(5/5)

木樽入り生キャラメル(3/14)

梅干をプラから木樽へ(9/24)

4斗樽太鼓ご注文!(9/21)

時事放談に笹漬けが(9/1)

小鯛の笹漬けin水戸黄門(5/23)

杉樽細菌検査クリア(4/22)

築地でうちの樽が...(11/14)

吉田桶ママ食育日記
吉田桶ママ食育日記

最近の日記・人気ブログ

Wのおめでとう!(2/15)

トンビが鷹を産む(10/1)

スポドリ各家庭で考える(9/30)

乳糖不耐症に感動の対処(9/22)

キッチン記念日・お刺身(8/24)

揮毫会再び&ひまわり畑(7/27)

学レク・カヤック体験(7/18)

遠泳大会・お節介な一言(7/7)

末っ子プレッシャーと戦う(6/24)

末っ子ファミマ杯予選(6/19)

娘の成長、長女編(6/16)

娘の成長、次女編(6/15)

娘の成長、妹たち編(6/13)

受験でプチ観光(2/27)

1点差!の仲良し二人(1/20)

福井の教育の功罪?(1/15)

完全版「生きがいの創造」(1/8)

他を認めること(1/6)

まめにすごせますように(1/3)

本当のプレゼント(12/25)

桶屋のサンタ(12/20)

気になる姿勢(11/27)

姉妹のバレーノート(11/16)

自殺といじめと共食(10/28)

越前女の内助的な勁さ(10/26)

4女の獅子の絵入賞(10/16)

小浜地区運動会(10/4)

家族全員で放生祭(9/21)

放生祭末っ子舞方デビュー(9/19)

祝3女3年連続A(9/11)

歯医者さんの食育(9/9)

子どものお祭・地蔵盆(8/19)

福井県主催無料講座(8/16)

全員でお盆の準備(8/13)

おもてなしの心(8/9)

越前詐欺若狭馬鹿(7/31)

末っ子席上揮毫会へ(7/29)

お祭り続きの小浜(7/27)

キッズキッチンinミラノ万博(7/21)

末っ子のスパルタ(7/19)

お着物のすすめ(7/18)

バレー地区優勝の秘話(7/14)

浜中バレー地区優勝(7/12)

小浜小遠泳大会(7/10)

PTA研修②・コミュ力(7/4)

若高PTA研修①・近大(7/4)

感謝・小浜市水泳協会(6/29)

共食のすすめ③・食品添加物(6/28)

共食のすすめ②・婚前からの食育・小浜市の米飯給食(6/27)

共食のすすめ①・こ食(6/27)

スイッチON&OFF(6/25)

お米消費量ダウン(6/24)

次女のひとこと(6/16)

どんだけ元気!?(6/13)

3女がんばってます!(6/7)

チビの意欲低下(6/3)

乳糖不耐症対応OK(6/1)

給食の牛乳、母反省(5/28)

横糸になりたくない(5/28)

3女の若中バレー観戦(4/28)

味噌作り、私だけ木樽(3/7)

師に教えを仰ぐ(2/17)

子は親の鏡(2/6)

銀座白坂亜紀ママのお話(1/31)

子供の睡眠障害(1/26)

幸福度一位福井県、女性は?(1/17)

会えた!若新雄純氏(1/9)

年末、娘達におもうこと(12/25)

若高吹部バンドテーマ~カブロー先生を偲んで(8/30)

*リユース法紹介*

化粧木樽をそのまま捨てるのはもったいない。いろんなリユース法を提案します。