2015年

6月

29日

◆小学校の遠泳大会にむけて~小浜市水泳協会のみなさまに感謝

ボートから、伴泳で、たくさんの見守りの中、子どもたちは泳ぎます。
ボートから、伴泳で、たくさんの見守りの中、子どもたちは泳ぎます。

小浜市内の12の小学校のうち5つの小学校では、遠泳大会が開催されています。
長く途絶えていたものを現小浜市教育長森下先生が、35年前に小浜小学校赴任時に復活させ、各小学校に広まったようにきいています。

その具体的活動はと申しますと、小浜小学校の例をあげますと、小学校1年生から、各学年目標があり、それを達成できなければ、夏休み水泳の補習授業があります。遠泳大会前にも小5の補習が平日行われる場合もあります。
そして、小学校5年生でミニ遠泳大会、6年生で遠泳大会が7月上旬に開催されます。
(先生方、いつもご指導ありがとうございます。)

この遠泳大会に向けて、スイミングクラブに通わせる保護者の方も多いように思います。

スイミングクラブとは別に、毎年小浜市水泳協会主催のスイミングスクールが、夏本番を前に6回開催されます。
それは、協会のみなさんのボランティアで成り立っていて、保険込6回で2500円(対象:3・4年生のみ)です。
なんて、ありがたいことか!
都会ではありえないことかと。

上の3人は、学校の授業とこのスクールだけで、おかげさまで無事遠泳大会を乗り越えてきています。

続きを読む 2 コメント

2015年

6月

28日

◆共食のすすめ~キッチンBoo高野滋光氏のおはなし③

ピンからキリまで同価格のコーヒー、そのからくりは?
ピンからキリまで同価格のコーヒー、そのからくりは?

6月26日(金)前にブログでもお知らせした小浜中学校のPTA研修会で、高野滋光氏による「食品添加物のおはなし~もう一度見直そう家族団欒の食事」がありました。

今日は、昨日アップの
その①その②のつづき、最終章。


育ちざかりの子どもを持つ中学生の保護者のために、食品添加物で特にとりあげられたのは、リン酸塩。
リン酸塩
(保水性、結着性を高め、酸味料ともなる。)はカルシウムの吸収を阻害するそう、麺類、安価なハム・ソーセージ・ちくわなどの練り製品、またコーヒーやコーラなどにも多用されているそう。(飲み放題のドリンクバーにご注意!)


食品添加物ではなく、食品に分類されるタンパク加水分解物。
肉や魚の余った部分(どこの?中国?)や大豆の搾りかす(当然遺伝子組み換えでしょうね)などを塩酸で分解、水酸化ナトリウムで中和して作ったうまみ成分=アミノ酸です。

「魔法の粉ですよ!カップラーメンや醤油など、なんにでも入っていますが、表示には製造途中で使われた、劇薬、塩酸も水酸化ナトリウムの表示もありません、中和したからと言って安全だと日本政府は言っていますが、、、。

と、高野氏。

あと、これが、今一番問題じゃないかな、と、私が個人的に思う、果糖ブドウ糖液糖
清涼飲料水やお菓子にたいてい入っています。

芋や穀類のでんぷんは分解されて最後にブドウ糖になって血中にいきますが、いきなり分子の細かいブドウ糖や果糖で入ったものは、すぐに血中糖度を上げてしまいます。

一気にあがると、インシュリンが一気に血糖値を下げてくれますが、身体が時間をかけてブドウ糖を吸収できなくなります。
結果、ブドウ糖が脳にまでまわらなくなります。

そこで、脳が体になんとかしろと通称攻撃ホルモン・アドレナリンが放出、キレます!

また、血液中の糖分が多いと、血液中の浸透圧のバランスで、周囲から水を引き込むように作用します。つまり間質(細胞と細胞の間)から水分が血液中に奪われます。
すると細胞の中と細胞の外バランスが崩れます。
水の移動はミネラルのバランスを崩し、同時にミネラルのバランスを保つため、細胞内の水分は必要に応じて細胞外へ出る形になります。
結果として、脱水症状は進み、ミネラルバランス保とうとする体は、例えばカルシウムに関して言えば骨を溶かしてカルシウムを調達します。

スポーツ飲料やジュースを水がわりに飲むことは、脱水症状を起こし、骨を弱くし、糖尿病の原因となります。

「よっぽどの激しいスポーツをしているとき以外、のどが渇いたときはお茶か水を飲んでください。」
と。私もそう思います。そして、今回
「ジュースを飲むとどうして喉がかわくのか?」
が、やっとすとんと腑に落ちて嬉しかったです。

驚いた話、コンビニ食は30度で24時間腐らないが、採用基準だとか。
「それだけ保存料がはいっているのですよ。」
日本は、安全な食事をすることよりも、食中毒にならないことが大切とされていると。

なんだか、だんだん恐ろしくなってきました。


「だからといって、食品添加物なしの食生活は今の日本では無理です。食事をできるだけ手作りして、摂ってしまった食品添加物の分は地物をいただくことと、咀嚼すること(唾液で分解、胃に優しく頭もよくなる)でカバーしてください。」
「お母さん方、命がけで食事を作ってあげてください。お父さん方、お母さん方をサポートしてあげてください。」

命がけで子育てする、忘れてはいけない重い言葉です。

続きを読む 0 コメント

2015年

6月

27日

◆共食のすすめ~キッチンBoo高野滋光氏のおはなし②

食育の祖、福井県出身の石塚左玄
食育の祖、福井県出身の石塚左玄

6月26日(金)前にブログでもお知らせした小浜中学校のPTA研修会で、高野滋光氏による「食品添加物のおはなし~もう一度見直そう家族団欒の食事」がありました。

今回は、お昼アップのその①のつづき。

後半、
「実は、結婚する前から食育は始まっているんですよ。」

から、結婚前からの食育の話がスタート。
「ご主人と食の好みが違うとトラブルの原因になりませんか?」
違う土地で違う食材で違う食習慣で育った他人が、少しずつ折り合いをつけながらその家の食スタイルを確立してゆくのです、最初は好みが違って当然ですよね。
結婚前にチェックしたほうがよさそうです。

続きを読む 0 コメント

2015年

6月

27日

◆共食のすすめ~キッチンBOO高野滋光氏のおはなし①

食事を共にする狼と老人 共にたべることの意味
食事を共にする狼と老人 共にたべることの意味 

昨日、6月26日(金)前にブログでもお知らせした小浜中学校のPTA研修会で、高野滋光氏による「食品添加物のおはなし~もう一度見直そう家族団欒の食事」がありました。

高野氏は現在地元の野菜をふんだんに使ったバイキング形式のレストランキッチンBooを経営なさっています。

以前、まちゼミ(小浜商工会議所主催、店主が講師役をつとめ、市民相手にゼミやワークショップをするイベント)で、彼の食品添加物の話を聴く機会があり、とても勉強になったので、PTA研修会で取り上げられて、たくさんの保護者の皆さまにお聴きいただける、と、食育をライフワークとする私としては嬉しくて嬉しくて。

さて、当日、演題のためか、いつもの研修会よりお母様の姿が多め。

高野氏は、以前ワンコイン弁当の仕出しをなさっていたのですが、材料費を抑えようとすると努力した結果、元がどんな材料であろうと、食品添加物でなんとでもなることを目の当たりにし、
「これでいいのだろうか?」
と、思い悩んだ時代があったそう。
そのとき、地元の市場をしきる社長さんから、形大きさが悪くて市場に出ない、虫食いの野菜がたくさん捨てられていることをきいた彼は、
「買います、それ!売ってください!」
と、野菜のお惣菜中心のバイキング形式のレストランをするに至ったとか。
今では、県内外からも女性客に大人気のお店になっています☆

だから、食品添加物にこれだけお詳しいんだ、、、。

おはなしは、まず、6つの「こしょく」から始まりました。

続きを読む 0 コメント

2015年

6月

25日

◆スイッチON&OFF、私にとってのお化粧と着物

着物でNOメイク半分ONの私と完全ONの私
着物でNOメイク半分ONの私と完全ONの私

一昨日、完全ONの私を見たある女性に、今日またお会いしまして、
「一昨日、なにがあったの?びっくりした!女将さんみたいやったね~!」
「セミナーです、いえいえ、お着物お召しになったら、そちらこそ女将さんじゃないですか!」
と、いい残しそそくさと失礼しました。
だって、今日私は、服も顔も完全OFFだったのだもの~T^T
で、どうだっていうの?
と、いうことなのですが、、、。

彼女はとても賢い美しい女性で、年上なのですがかわいらしくて、また、都会でバリバリ働いたご経験をお持ちの方です。
そして、私と同様、ご主人さまが経営者で、そのサポートをされています。

おそらく10年近く前のことになりますが、12月の上旬お酒の席で、常はあまりものを仰らない彼女が、お酒が進むにつれ、立て板に水のごとく、すらすらと話だし、突然私に、
「お化粧なんでせんの?」
「吉田さんが、名刺持って、どんどん仕事に出たらいいと思うよ。(#^.^#)」
と、穏やかに、けれどもきっぱりと言われたことがあります。

続きを読む 0 コメント

*本体の組み立ては昔も今も手仕事です*

当社のニュースをお伝えします
当社のニュースをお伝えします

最新&注目ニュース

石井味噌さま敬老の日限定ギフト(9/5)

旅サラダで笹漬けが(7/29)

ドモドモの遠田先生に学ぶ(6/25)

ANA福井特集(6/15)

お雛様用豪華ちらし(3/1)

小鯛の笹漬けが一番美味しい時期(1/13)

銀座・白坂ママお墨付き福井の梅干(1/12)

野村鮮魚店様の笹漬け(12/28)

油与商店さま茎わかめの浅漬け(11/6)

旭製菓様樽入りかりんとう(10/27)

チャンネルO企画番組(9/17)

笹漬けレシピ手毬寿司(9/7)

お供え用桶と初午飾り(8/17)

茶道灰を木桶を使って(8/15)

坂田先生食レポ研修(7/26)

石川ブランド認定、油与商店さまの石川海鮮ぬか漬け(7/17)

はるみちゃんささ漬け体験~田中平助商店様(7/13)

二幸さまお魚の粕漬け(7/2)

甲府のご馳走鮑貝煮(6/30)

福梅さま紅映梅干し(6/19)

みのや吉兵衛様山葵漬(6/18)

WIN!WIN!WIN!(6/14)

油与商店様海鮮ぬか漬け(6/7)

村上元市長御用達(5/30)

竹タガ手桶とお人形(5/23)

小山農園さまの梅干し(2/23)

職人と店主の竹タガ桶(2/4)

吉田家風小鯛のささ漬け丼(1/18)

中川政七商店さまの門松(1/14)

新幹線開通前を感じる(11/26)

広島菜漬、猫島商店様(8/14)

杉桶入り金魚(7/17)

若狭ぐじ昆布〆・天たつ様(6/24)

鯖街道・田村長さま(5/10)

小田島水産食品さま・イカ塩辛(5/7)

鮑屋さま・鮑貝煮(5/5)

木樽入り生キャラメル(3/14)

梅干をプラから木樽へ(9/24)

4斗樽太鼓ご注文!(9/21)

時事放談に笹漬けが(9/1)

小鯛の笹漬けin水戸黄門(5/23)

杉樽細菌検査クリア(4/22)

築地でうちの樽が...(11/14)

吉田桶ママ食育日記
吉田桶ママ食育日記

最近の日記・人気ブログ

Wのおめでとう!(2/15)

トンビが鷹を産む(10/1)

スポドリ各家庭で考える(9/30)

乳糖不耐症に感動の対処(9/22)

キッチン記念日・お刺身(8/24)

揮毫会再び&ひまわり畑(7/27)

学レク・カヤック体験(7/18)

遠泳大会・お節介な一言(7/7)

末っ子プレッシャーと戦う(6/24)

末っ子ファミマ杯予選(6/19)

娘の成長、長女編(6/16)

娘の成長、次女編(6/15)

娘の成長、妹たち編(6/13)

受験でプチ観光(2/27)

1点差!の仲良し二人(1/20)

福井の教育の功罪?(1/15)

完全版「生きがいの創造」(1/8)

他を認めること(1/6)

まめにすごせますように(1/3)

本当のプレゼント(12/25)

桶屋のサンタ(12/20)

気になる姿勢(11/27)

姉妹のバレーノート(11/16)

自殺といじめと共食(10/28)

越前女の内助的な勁さ(10/26)

4女の獅子の絵入賞(10/16)

小浜地区運動会(10/4)

家族全員で放生祭(9/21)

放生祭末っ子舞方デビュー(9/19)

祝3女3年連続A(9/11)

歯医者さんの食育(9/9)

子どものお祭・地蔵盆(8/19)

福井県主催無料講座(8/16)

全員でお盆の準備(8/13)

おもてなしの心(8/9)

越前詐欺若狭馬鹿(7/31)

末っ子席上揮毫会へ(7/29)

お祭り続きの小浜(7/27)

キッズキッチンinミラノ万博(7/21)

末っ子のスパルタ(7/19)

お着物のすすめ(7/18)

バレー地区優勝の秘話(7/14)

浜中バレー地区優勝(7/12)

小浜小遠泳大会(7/10)

PTA研修②・コミュ力(7/4)

若高PTA研修①・近大(7/4)

感謝・小浜市水泳協会(6/29)

共食のすすめ③・食品添加物(6/28)

共食のすすめ②・婚前からの食育・小浜市の米飯給食(6/27)

共食のすすめ①・こ食(6/27)

スイッチON&OFF(6/25)

お米消費量ダウン(6/24)

次女のひとこと(6/16)

どんだけ元気!?(6/13)

3女がんばってます!(6/7)

チビの意欲低下(6/3)

乳糖不耐症対応OK(6/1)

給食の牛乳、母反省(5/28)

横糸になりたくない(5/28)

3女の若中バレー観戦(4/28)

味噌作り、私だけ木樽(3/7)

師に教えを仰ぐ(2/17)

子は親の鏡(2/6)

銀座白坂亜紀ママのお話(1/31)

子供の睡眠障害(1/26)

幸福度一位福井県、女性は?(1/17)

会えた!若新雄純氏(1/9)

年末、娘達におもうこと(12/25)

若高吹部バンドテーマ~カブロー先生を偲んで(8/30)

*リユース法紹介*

化粧木樽をそのまま捨てるのはもったいない。いろんなリユース法を提案します。