◆津波てんでんこ~チビまた涙

1973年日本沈没 てんでんこで逃げろ!
1973年日本沈没 てんでんこで逃げろ!

もうすぐ、1月17日、阪神大震災後20年という節目の年もあって、特番や番組のコーナーでもいざというときの備えや心構えについてTV視聴することが増えています。

昨夜も、「もし、地震が起きたら『津波てんでんこ』で、とにかく、家族を信じて自分の身を守ること、それぞれで逃げることと。」という話が出ていました。

てんでんこ
とは各自のこと。

海岸で大きな揺れを感じたときは、津波が来るから肉親にもかまわず、各自てんでんばらばらに一刻も早く高台に逃げて、自分の命を守れ-という意味です。
先の東北大震災でも、この教えを守った釜石市内の小中学校の子供たちは99.8%という高い生存率となり、「釜石の奇跡」と言われています。

そこで、一緒に観ていたチビに「もし学校じゃないところで大きな地震がきたら、お母さんがいなくても、お母さんを探さずに高い所へ、いとこの☆☆ちゃんのところまで走るんやで。お母さんも、〇〇ちゃんがそうしていると信じて高いところに逃げるから。」
と、話をしたのです。

すると、みるみるうちに涙いっぱいになってポロポロポロ。。。

「小浜はね、昔「日本沈没」という映画が撮影された時も日本で最後の最後に津波が来た、ということになっているぐらいの場所、だから、そんなに心配しなくてもいい、でも、もし、もし、本当に大きな地震があったら、お母さんに生きて会うためにもがんばって走んなよ。」

それでも涙が止まりません。

「〇〇ちゃんが大きくなってお母さんになってからかもしれない、そのとき、自分の子供と生きて会うためにも、ちゃんと逃げなあかんよ。」

・・・・、よしよし。。。(ハグハグ)
かわいいな~。
愛されてるな~。

海岸線にお住いのみなさん、生きて家族に会うためにも、もしもの時は「津波てんでんこ」で、お逃げくださいね。

そして、ご家族で「もしもの時どうするか」ぜひ、話し合いを持ってください。
ご参考に過去の私のブログ(松森和人氏防災講演会)よろしけばご覧ください。

大事なことに気づきました。
小中学校は、地震の際どこに避難するか決まっています、高校は?
聞いたことがないような、、、確認することにします。

最後になりましたが、阪神大震災・東北大震災でお亡くなりになった方々のご冥福をお祈りしております。


 

 

 

吉田桶樽商店 吉田近 プレゼンツ「吉田桶ママ食育日記」

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    まんだ (木曜日, 15 1月 2015 20:41)

    東北大震災の後に高浜の小学校でも津波の訓練があったと先生をしている同級生の話。
    高いところに登る麓までも何キロか走ったそうです。1年生の担任だったらしいけど、自分が1番走れんかったらしい。殆どが平地やもんねぇ。日頃からイメージしておかないといざという時にはパニックになるなぁ。

  • #2

    oketaru-y1 (木曜日, 15 1月 2015 21:04)

    まんだ さま
    いつも、コメントをありがとうございます。
    小浜でもそれまで避難訓練といえば、火災を想定しての訓練ばかりだったのですが、東北大震災以降、津波に備えた訓練もされているようです。
    小浜小学校・中学校は新しい校舎で、最上階に避難すればかなりの高さになるのですが、小浜中学校の川をはさんで隣の雲浜小学校は、橋をわたって、県立大学の高台まで走ることになっているそうです。
    かなりの距離があります、お母様方、想像して涙する方もあったとか。
    けれども「『てんでんこ』で、逃げてください。」と、先生にたしなめられたとか。
    私も、まんださまにコメントをいただいて、体力維持しないといけない、と、改めて思いました。
    チビに悲しい思いはさせられないもの。

  • #3

    まんだ (木曜日, 15 1月 2015 22:48)

    体力、気力共に鍛えんと…反省してます。

  • #4

    oketaru-y1 (金曜日, 16 1月 2015 17:20)

    マンダさま

    おたがいさま♡

*本体の組み立ては昔も今も手仕事です*

当社のニュースをお伝えします
当社のニュースをお伝えします

最新&注目ニュース

石井味噌さま敬老の日限定ギフト(9/5)

旅サラダで笹漬けが(7/29)

ドモドモの遠田先生に学ぶ(6/25)

ANA福井特集(6/15)

お雛様用豪華ちらし(3/1)

小鯛の笹漬けが一番美味しい時期(1/13)

銀座・白坂ママお墨付き福井の梅干(1/12)

野村鮮魚店様の笹漬け(12/28)

油与商店さま茎わかめの浅漬け(11/6)

旭製菓様樽入りかりんとう(10/27)

チャンネルO企画番組(9/17)

笹漬けレシピ手毬寿司(9/7)

お供え用桶と初午飾り(8/17)

茶道灰を木桶を使って(8/15)

坂田先生食レポ研修(7/26)

石川ブランド認定、油与商店さまの石川海鮮ぬか漬け(7/17)

はるみちゃんささ漬け体験~田中平助商店様(7/13)

二幸さまお魚の粕漬け(7/2)

甲府のご馳走鮑貝煮(6/30)

福梅さま紅映梅干し(6/19)

みのや吉兵衛様山葵漬(6/18)

WIN!WIN!WIN!(6/14)

油与商店様海鮮ぬか漬け(6/7)

村上元市長御用達(5/30)

竹タガ手桶とお人形(5/23)

小山農園さまの梅干し(2/23)

職人と店主の竹タガ桶(2/4)

吉田家風小鯛のささ漬け丼(1/18)

中川政七商店さまの門松(1/14)

新幹線開通前を感じる(11/26)

広島菜漬、猫島商店様(8/14)

杉桶入り金魚(7/17)

若狭ぐじ昆布〆・天たつ様(6/24)

鯖街道・田村長さま(5/10)

小田島水産食品さま・イカ塩辛(5/7)

鮑屋さま・鮑貝煮(5/5)

木樽入り生キャラメル(3/14)

梅干をプラから木樽へ(9/24)

4斗樽太鼓ご注文!(9/21)

時事放談に笹漬けが(9/1)

小鯛の笹漬けin水戸黄門(5/23)

杉樽細菌検査クリア(4/22)

築地でうちの樽が...(11/14)

吉田桶ママ食育日記
吉田桶ママ食育日記

最近の日記・人気ブログ

Wのおめでとう!(2/15)

トンビが鷹を産む(10/1)

スポドリ各家庭で考える(9/30)

乳糖不耐症に感動の対処(9/22)

キッチン記念日・お刺身(8/24)

揮毫会再び&ひまわり畑(7/27)

学レク・カヤック体験(7/18)

遠泳大会・お節介な一言(7/7)

末っ子プレッシャーと戦う(6/24)

末っ子ファミマ杯予選(6/19)

娘の成長、長女編(6/16)

娘の成長、次女編(6/15)

娘の成長、妹たち編(6/13)

受験でプチ観光(2/27)

1点差!の仲良し二人(1/20)

福井の教育の功罪?(1/15)

完全版「生きがいの創造」(1/8)

他を認めること(1/6)

まめにすごせますように(1/3)

本当のプレゼント(12/25)

桶屋のサンタ(12/20)

気になる姿勢(11/27)

姉妹のバレーノート(11/16)

自殺といじめと共食(10/28)

越前女の内助的な勁さ(10/26)

4女の獅子の絵入賞(10/16)

小浜地区運動会(10/4)

家族全員で放生祭(9/21)

放生祭末っ子舞方デビュー(9/19)

祝3女3年連続A(9/11)

歯医者さんの食育(9/9)

子どものお祭・地蔵盆(8/19)

福井県主催無料講座(8/16)

全員でお盆の準備(8/13)

おもてなしの心(8/9)

越前詐欺若狭馬鹿(7/31)

末っ子席上揮毫会へ(7/29)

お祭り続きの小浜(7/27)

キッズキッチンinミラノ万博(7/21)

末っ子のスパルタ(7/19)

お着物のすすめ(7/18)

バレー地区優勝の秘話(7/14)

浜中バレー地区優勝(7/12)

小浜小遠泳大会(7/10)

PTA研修②・コミュ力(7/4)

若高PTA研修①・近大(7/4)

感謝・小浜市水泳協会(6/29)

共食のすすめ③・食品添加物(6/28)

共食のすすめ②・婚前からの食育・小浜市の米飯給食(6/27)

共食のすすめ①・こ食(6/27)

スイッチON&OFF(6/25)

お米消費量ダウン(6/24)

次女のひとこと(6/16)

どんだけ元気!?(6/13)

3女がんばってます!(6/7)

チビの意欲低下(6/3)

乳糖不耐症対応OK(6/1)

給食の牛乳、母反省(5/28)

横糸になりたくない(5/28)

3女の若中バレー観戦(4/28)

味噌作り、私だけ木樽(3/7)

師に教えを仰ぐ(2/17)

子は親の鏡(2/6)

銀座白坂亜紀ママのお話(1/31)

子供の睡眠障害(1/26)

幸福度一位福井県、女性は?(1/17)

会えた!若新雄純氏(1/9)

年末、娘達におもうこと(12/25)

若高吹部バンドテーマ~カブロー先生を偲んで(8/30)

*リユース法紹介*

化粧木樽をそのまま捨てるのはもったいない。いろんなリユース法を提案します。