◆小浜市教委、乳糖不耐症にも診断書で牛乳ストップOK

新潟県三条市の3月給食だより 牛乳に関するお知らせが右下に
新潟県三条市の3月給食だより 牛乳に関するお知らせが右下に 画像を拡大してみられます。

 先週末にアップした「和食の給食に牛乳~母の反省」と題したブログには、予想をはるかに超えるアクセスと「いいね!」をいただき、ありがとうございました。

皆さんの後押しをいただき、勇気づけられ、和食給食の牛乳提供廃止!とはいきなりいかなくても、できることから。
3女のような乳糖不耐症の子どもたちのために、近くの医師に相談したところ、診断書書いてくださると快諾してくださいました。

また、今朝、小浜市教育総務課に相談したところ、嬉しいことに「可哀想に、すぐ診断書を学校にお持ちください、対応させていただきます、もちろん、牛乳代の返金にも応じます。」とのこと!

ここで、おさらい。
乳糖不耐症は、小腸にラクターゼが存在しないか、存在しても十分でないために、乳糖を分解できない、または十分に分解できないことが原因で、症状としては腹痛や下痢をおこします。
古来より農耕民族であった東洋人は95%が不耐症だというデータもあります。
しかし、離乳してからも継続して牛乳を飲んでいると、乳糖不耐症が改善したり治ったりもするそうです。
上3人は完全に遠ざけたので不耐症、少しずつ飲んでいたチビは改善した口ですね。

 

新潟県三条市 牛乳に関するお知らせ 6月には10月からの牛乳対応が発表されます。
新潟県三条市 牛乳に関するお知らせ 6月には10月からの牛乳対応が発表されます。

さて、昨年の12月から3月まで、試験的に給食の牛乳をストップしていた新潟県三条市では、市役所のサイトから、給食の献立表を見ることができます。
10月から3月までの牛乳無の献立も、ご覧になれますよ。
ちなみに、上の画像は、3月の献立の後半です。

3月の給食だよりには、27年度4月から9月まで、また牛乳が提供再開されることが書いてありました。
6月中には10月からの対応が発表されるとのこと、全国ニュースとなることかと、注目したいところです。

ところで、乳糖不耐症の個別対応ができることを知って、一番3女が喜んでくれると思っていたのに、彼女のために動いたのに、
「私だけやと、いやや!」
「は?せっかくOKもらったのに!」
双子のお姉ちゃんたちにそのことを伝えると、
「なんでぇ~、いいやん、何まわり気にしとるん!
それより、お母さん!遅すぎ、なんで私らの時に動いてくれんかったん!!!!!!」
と、怒られてしまいましたTT(ごめんなさい!)
せっかくなので、3女には困っているお友達を探すように伝えました。
そして、周囲のお母様にお知らせして、早速喜んでいただけたし、、、行動は無駄ではないと思っています。

さあ、これからが本丸、「和食給食に牛乳は要らない」を、どう進めていくか、、、また、前進があればお伝えしますね。

相談にのってくださったお医者さま、お優しいお返事をくださった教育総務課ご担当者さま、本当にありがとうございました。

追記)診断書を書いてくださるお医者様をご紹介いたします。
お気軽に私までお問い合わせくださいね。


 

 

吉田桶樽商店 吉田近 プレゼンツ「吉田桶ママ食育日記」

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    宮垣 (月曜日, 11 4月 2016 09:06)

    こんにちは
    はじめまして。

    娘が一年生になり、給食の牛乳について調べていたら、
    ここにたどり着きました。

    娘も牛乳を飲むと体調が悪くなったり皮膚に症状が出たりします。
    下痢にもなりやすいので、乳糖不耐症の可能性もありそうです。
    恐れいりますが、診断書を書いて頂けるお医者様を紹介して頂けますでしょうか。
    お手数ですがお時間ありましたらよろしくお願い致します。

  • #2

    吉田近 (金曜日, 06 5月 2016 16:47)

    宮垣さま

    御返事遅くなって申し訳ありません。
    小浜市のお医者さまでよろしいのでしょうか?
    また、そもそも牛乳の提供を控えてもらうことは自治体によって
    対応がいろいろなようなので、
    まず、お住いの教育委員会にお尋ねになって、
    診断書が必要かどうか、確認されてはいかがでしょうか?
    それで、診断書が必要で、どこのお医者さまでもよろしいのであれば、
    近くのご理解いただいているお医者様をご紹介します。
    その際、また、ご連絡くださいませ。

*本体の組み立ては昔も今も手仕事です*

当社のニュースをお伝えします
当社のニュースをお伝えします

最新&注目ニュース

石井味噌さま敬老の日限定ギフト(9/5)

旅サラダで笹漬けが(7/29)

ドモドモの遠田先生に学ぶ(6/25)

ANA福井特集(6/15)

お雛様用豪華ちらし(3/1)

小鯛の笹漬けが一番美味しい時期(1/13)

銀座・白坂ママお墨付き福井の梅干(1/12)

野村鮮魚店様の笹漬け(12/28)

油与商店さま茎わかめの浅漬け(11/6)

旭製菓様樽入りかりんとう(10/27)

チャンネルO企画番組(9/17)

笹漬けレシピ手毬寿司(9/7)

お供え用桶と初午飾り(8/17)

茶道灰を木桶を使って(8/15)

坂田先生食レポ研修(7/26)

石川ブランド認定、油与商店さまの石川海鮮ぬか漬け(7/17)

はるみちゃんささ漬け体験~田中平助商店様(7/13)

二幸さまお魚の粕漬け(7/2)

甲府のご馳走鮑貝煮(6/30)

福梅さま紅映梅干し(6/19)

みのや吉兵衛様山葵漬(6/18)

WIN!WIN!WIN!(6/14)

油与商店様海鮮ぬか漬け(6/7)

村上元市長御用達(5/30)

竹タガ手桶とお人形(5/23)

小山農園さまの梅干し(2/23)

職人と店主の竹タガ桶(2/4)

吉田家風小鯛のささ漬け丼(1/18)

中川政七商店さまの門松(1/14)

新幹線開通前を感じる(11/26)

広島菜漬、猫島商店様(8/14)

杉桶入り金魚(7/17)

若狭ぐじ昆布〆・天たつ様(6/24)

鯖街道・田村長さま(5/10)

小田島水産食品さま・イカ塩辛(5/7)

鮑屋さま・鮑貝煮(5/5)

木樽入り生キャラメル(3/14)

梅干をプラから木樽へ(9/24)

4斗樽太鼓ご注文!(9/21)

時事放談に笹漬けが(9/1)

小鯛の笹漬けin水戸黄門(5/23)

杉樽細菌検査クリア(4/22)

築地でうちの樽が...(11/14)

吉田桶ママ食育日記
吉田桶ママ食育日記

最近の日記・人気ブログ

Wのおめでとう!(2/15)

トンビが鷹を産む(10/1)

スポドリ各家庭で考える(9/30)

乳糖不耐症に感動の対処(9/22)

キッチン記念日・お刺身(8/24)

揮毫会再び&ひまわり畑(7/27)

学レク・カヤック体験(7/18)

遠泳大会・お節介な一言(7/7)

末っ子プレッシャーと戦う(6/24)

末っ子ファミマ杯予選(6/19)

娘の成長、長女編(6/16)

娘の成長、次女編(6/15)

娘の成長、妹たち編(6/13)

受験でプチ観光(2/27)

1点差!の仲良し二人(1/20)

福井の教育の功罪?(1/15)

完全版「生きがいの創造」(1/8)

他を認めること(1/6)

まめにすごせますように(1/3)

本当のプレゼント(12/25)

桶屋のサンタ(12/20)

気になる姿勢(11/27)

姉妹のバレーノート(11/16)

自殺といじめと共食(10/28)

越前女の内助的な勁さ(10/26)

4女の獅子の絵入賞(10/16)

小浜地区運動会(10/4)

家族全員で放生祭(9/21)

放生祭末っ子舞方デビュー(9/19)

祝3女3年連続A(9/11)

歯医者さんの食育(9/9)

子どものお祭・地蔵盆(8/19)

福井県主催無料講座(8/16)

全員でお盆の準備(8/13)

おもてなしの心(8/9)

越前詐欺若狭馬鹿(7/31)

末っ子席上揮毫会へ(7/29)

お祭り続きの小浜(7/27)

キッズキッチンinミラノ万博(7/21)

末っ子のスパルタ(7/19)

お着物のすすめ(7/18)

バレー地区優勝の秘話(7/14)

浜中バレー地区優勝(7/12)

小浜小遠泳大会(7/10)

PTA研修②・コミュ力(7/4)

若高PTA研修①・近大(7/4)

感謝・小浜市水泳協会(6/29)

共食のすすめ③・食品添加物(6/28)

共食のすすめ②・婚前からの食育・小浜市の米飯給食(6/27)

共食のすすめ①・こ食(6/27)

スイッチON&OFF(6/25)

お米消費量ダウン(6/24)

次女のひとこと(6/16)

どんだけ元気!?(6/13)

3女がんばってます!(6/7)

チビの意欲低下(6/3)

乳糖不耐症対応OK(6/1)

給食の牛乳、母反省(5/28)

横糸になりたくない(5/28)

3女の若中バレー観戦(4/28)

味噌作り、私だけ木樽(3/7)

師に教えを仰ぐ(2/17)

子は親の鏡(2/6)

銀座白坂亜紀ママのお話(1/31)

子供の睡眠障害(1/26)

幸福度一位福井県、女性は?(1/17)

会えた!若新雄純氏(1/9)

年末、娘達におもうこと(12/25)

若高吹部バンドテーマ~カブロー先生を偲んで(8/30)

*リユース法紹介*

化粧木樽をそのまま捨てるのはもったいない。いろんなリユース法を提案します。