2016年

6月

16日

◆それぞれの道~4姉妹、長女は「ニートは嫌!」

長女が今バイトしているところは、このお花と同じ名前のお店
長女が今バイトしているところは、このお花と同じ名前のお店

3ヶ月ぶりのブログ更新にもかかわらず、たくさんの方のご訪問をありがとうございます。(妹たちの巻次女の巻

今日は本丸、この春、私も知らない経験をした長女のお話です。

先日のブログでもお話しましたが、大学受験に失敗して、現在バイトをしながら宅浪生活を送っています。

センター試験で思うような点数を採れなかった時から、彼女とは本当にたくさん話をしました。
受験する大学の選び直し、選びなおした大学だと彼女が進むつもりだった人文より、彼女の将来の夢に近づける学部があることから、学部変更もしました。

卒業式の時に小論文をご指導くださった先生にご挨拶した時には、

「たくさんの引き出しのあるお子さんですね。楽しみですね!」
と、いう嬉しいお声掛けをいただき、模擬面接を見てくださった担任の先生からも、
「いいんちゃう?」
と、言われ、親子とも受かる気満々でした。
ただ、ふたを開けてみたら、本人はセンター試験でマークミスはしているし、実際には前年のデータよりはるかに合格者のセンター得点率、偏差値が高く、落ちても仕方がなかったと思いました。

本番の面接のあと、
「もっと突っ込んでくれたらいいのに、当たり障りのないことしか聴かれなかった!」
と、長女が言っていたのですが、今から思うとその時点で既にどうあがいても合格圏内にいなかったと判断されていたのではなかったかと思います。
2次で挽回するなら、点数のハッキリ出る人文学部を受験させれば良かった、と、後悔もしましたが、そんな次元の話ではなかったのだと。

ホテルのサービススタッフ 画像は長女ではありません
ホテルのサービススタッフ 画像は長女ではありません

後期試験にも失敗し、浪人が決まってから、彼女は、必要以上にバイトに精出しています。
私は、本分は勉強なのだから、と、いうのですが、毎月生活費を1万円入れてくれて、予備校の夏期講習代や模試代も自分で払う、と、言ってくれています。
次女の進学・引越しで予想以上にかかることを目の当たりにして、来年の春に向けて貯金も始めました。

甘えるのが下手な長女、私以上ですね。

けれども、バイト経験も勉強に向かう、いいきっかけになっています。
最初のバイトは、地元のホテルのサービススタッフだったのですが、香港や中国、台湾からのお客様との会話を英語でこなし、現場でも喜ばれ、本人も
「〇〇の言い回し、おかしくない?」
「△△はなんて言うの?」
と、高校時代、生の英会話体験がなかったので、英語はもちろんですが、他の語学への関心も高まったようです。
進学してからも、語学を使いたいがためにホテル業界へのバイトまで考えだしています。

真鯛の塩麹の煮つけ バイト先で真鯛をいただきました
真鯛の塩麹の煮つけ バイト先で真鯛をいただきました

次女もお世話になった老舗菓子舗木屋傳さまにも、時々お声掛けいただいて可愛がってもらっています。

ホテルの繁忙期が過ぎてから、違うバイトを始めましたが、秋までの短期という条件付きながら、ホテルでのほんの短い経験をかってくださり雇っていただくことができました。ありがたいことです。
また、そこの賄が美味しいと、次女へLINEで自慢しています。

「疲れた~~~~!」
と、寝起きが悪い時、
「本分を忘れんときなよ。フルで働いて大学行くような生活は無理があると思う。」
と、見かねて声掛けしたところ、
「うん、考える。でも、私ニートだけには絶対なりたくないんやもん。」
だ、そう。
そういえば、次女が学校に出すある申請書類に長女の「無職届」の添付が必要だったのですが、長女は、大学に落ちた時にも流さなかった涙がポロポロあふれてきて、後日、本人も
「大学落ちた時より自分が『無職』なんを認めるのが悲しかった。」
と、その時のことを話してくれました。
それを聞いたとき、彼女の行動がいちいち腑に落ちました。
それまで、生活費を受け取ることにちょっと抵抗があったのですが、彼女のプライドのために、ありがたくいただくことにしました。

「前回より悪い成績とる気が全くしない!」
「〇〇〇(次女)より絶対いい大学行ってやる!」
と、長女は言っていますが、本当にその通りになって、一から考え直した進学先に無事合格して、次女より1年遅れですが、来春こそは笑顔で新生活を始めていてほしいと思います。
私は、この一年間の経験が本人にとって大きな財産となっていることと信じて疑いません。フレ~フレ~お姉ちゃん☆

 

 

 

 

吉田桶樽商店 吉田近 プレゼンツ「吉田桶ママ食育日記」

*本体の組み立ては昔も今も手仕事です*

当社のニュースをお伝えします
当社のニュースをお伝えします

最新&注目ニュース

石井味噌さま敬老の日限定ギフト(9/5)

旅サラダで笹漬けが(7/29)

ドモドモの遠田先生に学ぶ(6/25)

ANA福井特集(6/15)

お雛様用豪華ちらし(3/1)

小鯛の笹漬けが一番美味しい時期(1/13)

銀座・白坂ママお墨付き福井の梅干(1/12)

野村鮮魚店様の笹漬け(12/28)

油与商店さま茎わかめの浅漬け(11/6)

旭製菓様樽入りかりんとう(10/27)

チャンネルO企画番組(9/17)

笹漬けレシピ手毬寿司(9/7)

お供え用桶と初午飾り(8/17)

茶道灰を木桶を使って(8/15)

坂田先生食レポ研修(7/26)

石川ブランド認定、油与商店さまの石川海鮮ぬか漬け(7/17)

はるみちゃんささ漬け体験~田中平助商店様(7/13)

二幸さまお魚の粕漬け(7/2)

甲府のご馳走鮑貝煮(6/30)

福梅さま紅映梅干し(6/19)

みのや吉兵衛様山葵漬(6/18)

WIN!WIN!WIN!(6/14)

油与商店様海鮮ぬか漬け(6/7)

村上元市長御用達(5/30)

竹タガ手桶とお人形(5/23)

小山農園さまの梅干し(2/23)

職人と店主の竹タガ桶(2/4)

吉田家風小鯛のささ漬け丼(1/18)

中川政七商店さまの門松(1/14)

新幹線開通前を感じる(11/26)

広島菜漬、猫島商店様(8/14)

杉桶入り金魚(7/17)

若狭ぐじ昆布〆・天たつ様(6/24)

鯖街道・田村長さま(5/10)

小田島水産食品さま・イカ塩辛(5/7)

鮑屋さま・鮑貝煮(5/5)

木樽入り生キャラメル(3/14)

梅干をプラから木樽へ(9/24)

4斗樽太鼓ご注文!(9/21)

時事放談に笹漬けが(9/1)

小鯛の笹漬けin水戸黄門(5/23)

杉樽細菌検査クリア(4/22)

築地でうちの樽が...(11/14)

吉田桶ママ食育日記
吉田桶ママ食育日記

最近の日記・人気ブログ

Wのおめでとう!(2/15)

トンビが鷹を産む(10/1)

スポドリ各家庭で考える(9/30)

乳糖不耐症に感動の対処(9/22)

キッチン記念日・お刺身(8/24)

揮毫会再び&ひまわり畑(7/27)

学レク・カヤック体験(7/18)

遠泳大会・お節介な一言(7/7)

末っ子プレッシャーと戦う(6/24)

末っ子ファミマ杯予選(6/19)

娘の成長、長女編(6/16)

娘の成長、次女編(6/15)

娘の成長、妹たち編(6/13)

受験でプチ観光(2/27)

1点差!の仲良し二人(1/20)

福井の教育の功罪?(1/15)

完全版「生きがいの創造」(1/8)

他を認めること(1/6)

まめにすごせますように(1/3)

本当のプレゼント(12/25)

桶屋のサンタ(12/20)

気になる姿勢(11/27)

姉妹のバレーノート(11/16)

自殺といじめと共食(10/28)

越前女の内助的な勁さ(10/26)

4女の獅子の絵入賞(10/16)

小浜地区運動会(10/4)

家族全員で放生祭(9/21)

放生祭末っ子舞方デビュー(9/19)

祝3女3年連続A(9/11)

歯医者さんの食育(9/9)

子どものお祭・地蔵盆(8/19)

福井県主催無料講座(8/16)

全員でお盆の準備(8/13)

おもてなしの心(8/9)

越前詐欺若狭馬鹿(7/31)

末っ子席上揮毫会へ(7/29)

お祭り続きの小浜(7/27)

キッズキッチンinミラノ万博(7/21)

末っ子のスパルタ(7/19)

お着物のすすめ(7/18)

バレー地区優勝の秘話(7/14)

浜中バレー地区優勝(7/12)

小浜小遠泳大会(7/10)

PTA研修②・コミュ力(7/4)

若高PTA研修①・近大(7/4)

感謝・小浜市水泳協会(6/29)

共食のすすめ③・食品添加物(6/28)

共食のすすめ②・婚前からの食育・小浜市の米飯給食(6/27)

共食のすすめ①・こ食(6/27)

スイッチON&OFF(6/25)

お米消費量ダウン(6/24)

次女のひとこと(6/16)

どんだけ元気!?(6/13)

3女がんばってます!(6/7)

チビの意欲低下(6/3)

乳糖不耐症対応OK(6/1)

給食の牛乳、母反省(5/28)

横糸になりたくない(5/28)

3女の若中バレー観戦(4/28)

味噌作り、私だけ木樽(3/7)

師に教えを仰ぐ(2/17)

子は親の鏡(2/6)

銀座白坂亜紀ママのお話(1/31)

子供の睡眠障害(1/26)

幸福度一位福井県、女性は?(1/17)

会えた!若新雄純氏(1/9)

年末、娘達におもうこと(12/25)

若高吹部バンドテーマ~カブロー先生を偲んで(8/30)

*リユース法紹介*

化粧木樽をそのまま捨てるのはもったいない。いろんなリユース法を提案します。